瑞興寺

<真宗大谷派 瑞興寺>(ずいこうじ)
住所:大阪市平野区平野市町3-4-17
編集:瑞興寺住職 清 史彦(法名 釋 秀顕)

佛事全般、ご相談お受けします。瑞興寺 ご寄付のお願い ご寄付のお願い

本堂で心のこもった質素なお葬式を。ご相談ください。

メールバーコードお電話はこちら→ 090-3488-9056(折り返しお電話差し上げます)
メールはこちら→ vows-bar.0514@docomo.ne.jp 右のバーコードをご利用ください。

急な場合でも対応いたします
【費用】
法名付け、枕経、通夜、葬儀、火葬場送り、還骨、初七日まで
お寺へのお布施、葬儀社への支払い、全て込みで、20~50万円です。
(大阪市民の方の場合です。市外の方は10万円弱ほど高くなります)

瑞雲堂

「瑞雲堂」について

当寺境内にご自由にお使え頂けるスペース、瑞雲堂があります。佛事はもちろん、いろんな教室や集りにご利用できます。ご連絡下さい。

今月のお知らせ NEW!

2020/6/5日(金)
午後2時~4時
「同朋の集い」(正信偈のおけいこ) 参加無料
 「今月のことば」を読み、住職がお話しします。
2020/6/6日(土)
午後7時半~11時半頃
「ひらの聞思洞」参加無料(1品持寄り歓迎!)
 自分を語り合う集い。途中より軽飲食(酒含む)あります。
2020/6/11(木)
午後2時~4時
「写経教室」*(毎月第2週/4月のみ第1週です)参加無料
 指導者:松久保先生(瑞興寺門徒・正覚寺在住)
2020/6/18日(木)
午後2時~4時頃
「パッチワークキルトの集い」
 参加無料
2020/6/27日(土)
午後7時半~10時頃
「瑞雲堂学習会」参加無料
 『維摩経』を読みます。
毎週金曜日
午後6時~10時頃(本堂にて)
「河内音頭練習会」参加無料
 講師:平野郷三角

※「写経教室」は準備のため、参加される方は電話・メールにてご連絡ください。
  06-6791-6215・090-3488-9656
  vows-bar.0514@docomo.ne.jp

真実の言葉

正信偈講話

蓮

2020年5月掲載 ←詳しくはココをクリック NEW!
『正信偈』は、御存じのように、私たち真宗門徒が一番親しんでいるお聖教です。瑞興寺では、この30年、月参りにで、本をお配りして「正信偈」を門徒、僧侶、一緒にお勤めしてきました。今ではほとんどのご門徒にお勤めしていただけるようになりました。

親鸞聖人の生涯

親鸞聖人

親鸞の一生 完結 ←詳しくはココをクリック
親鸞は、平安時代末期の承安三年(1173)藤原氏の一末流、日野有範の子として生まれた。

歎異抄

歎異抄

親鸞いのちのことば ←詳しくはココをクリック
800年ほど前、 鎌倉時代の日本を生きた仏教者、親鸞(しんらん)の思想を 一番はっきりと伝えていると言われる書物。 親鸞の弟子である唯円(ゆいえん)坊が自分の聞いた言葉を書き留めたものが主な内容となっている。 親鸞の死後20~30年のち弟子たちがおのおのに勝手な主張をしているのを嘆き、間違っている点を指摘し正しい教えをつたえるために記された、わずか1万2千字程度の短編。 前半10章には親鸞聖人から聞いた直接の言葉を書き、後半8章に異義に対する唯円の批判を示して書かれている。

年頭の言葉 2020年正月

2020年子年

顛倒433号より ←詳しくはココをクリック
虚 往 実 帰(きょおうじつき)
今年の年頭の言葉の出典は、中国の古典『荘子』で、「虚(むな)しく往きて、実(み)ちて帰る」と読みます。 前住職の友人で、長く瑞興寺で親鸞の教えを説いて下さった、京都・伏見のお寺の住職、仲野良俊師が好んでよく色紙に書いていました。

新聞・雑誌掲載

新聞・雑誌掲載

新聞・雑誌に当寺が紹介された記事です ←詳しくはココをクリック
当寺院は、坊主バー関連含めて、時々新聞や雑誌等に取り上げていただいています。 ありがたいことです。
その一部をコチラで紹介させていただきたいと思います。

アクセスカウンター

ご寄付のお願い

瑞興寺門徒・有縁の各位
一昨年の台風で本堂の瓦に被害が出、さらに本堂の電線も劣化していることが判明し、その修理費用に合計約800万円の見積もりが出ています。
これは当寺の通常会計では賄えない額ですので、今回「ご寄付のお願い」をさせて頂く事となりました。
できますならば、お気持ちをお寄せ頂ければと願っております。
※詳しくはこちらをクリックしてください。

「墓じまい」を考える

当寺関連リンク

■お寺ネット■
お寺ネット
「Stop自殺・一人で悩まないで」
様々な人生のお悩み相談やご供養について情報があります。